ご来院の際はご予約下さい TEL:054-637-2345

自覚症状が無くても我々や患者さん自身が既に感染している可能性もあります。 大事なのは自分が媒体になって人に感染させてしまう危険性を患者さんも医療従事者も意識することです。
感染症専門病院では、感染者を対象としているので医療従事者が身を守る為の感染対策をすれば良いのですが歯科医院は特殊であり、感染不明の患者治療を行う為、患者同士の感染対策も行う必要があります。もちろん患者さんから医療従事者へ感染することも、その逆の歯科医院からの患者さんへの感染もあってはなりません。
歯科治療時唾液出血歯の切削時粉塵飛沫はどの医療機関よりも新型コロナウィルスの感染危険度は高いと言われています。
今までのように通常の感染対策としてディスポ製品を使用して患者ごとの器具交換やタービン・エンジンなどの切削機器の滅菌をしても不十分でクラスBに準拠した滅菌設備があるだけでは意味がありません。
患者さんが触れる可能性がある治療台はもちろんレントゲン室や設備、器具など全てにおいて感染対策がされていなければ安全な歯科医院とは言えません。
治療にあたる歯科医師や歯科衛生士自身も汚染されていてはダメなのです。
待合室は次亜塩素酸水のミスト噴霧をしています。→人体への影響を考慮して人がいない時間に行い、その後換気をすることにしました。
(東京医科歯科大の山岡昇司教授(ウイルス学)によると「次亜塩素酸水の主成分はウイルスや細菌の感染性を奪う殺菌剤として知られ、医療機関で検査の作業台などの洗浄に使われているが、手指消毒に利用する場合には酸性度などに注意して使用方法を守る必要がある」とされています。またミストによる噴霧に関しての有効性はまだ証明されていないのが実状です。)
トイレは空気清浄機を設置し、人感センサーにより無人の間にオゾン消毒をしています。
スタッフはマスクフェイスシールド感染防止衣を着用して治療にあたります。
歯の切削時には口腔外バキュームを作動させるなど必要に応じて飛沫感染対策をします。
他の患者さんの治療前には前の患者さんで汚染された着衣着替える防護衣を交換あるいは消毒してから対応します。
グローブは、患者さんごとに交換するのはもちろん治療術者やアシスタントがグローブをした手で引き出しや周りの機械や設備を触らないように必要に応じて補助スタッフが治療に参加します。
①患者さん来院時に入口にてアルコールによる手指消毒を依頼、体温測定をさせていただきます。
「特定警戒都道府県」への移動経歴確認します。
待合室の人数を2人までとします。(それ以上になる場合、車内での待機が可能な方には協力していただきます。)
④患者さんは診療開始まではマスクの着用をお願いします。
トイレ使用後にはドア&便器及びトイレットペーパー部を受付スタッフがアルコール消毒をしますので報告をお願いします。
⑥治療室のドアは接触感染予防の為に開放しています。ドアノブには触らないでください。
治療中院内タオルの使用を廃止しました。(患者さんに手拭き用タオル2枚持参の協力をお願いしています。)また、ひざ掛けも希望する方のみとし、患者さんごとの交換をしています。
⑧治療にあたるスタッフは最小限とし治療室が密にならないように心がけ治療台に座る患者さんの数を制限してソーシャルディスタンスを確保します。
「あるふぁ歯科」では、患者さんもスタッフも安心して治療を行える環境を整えるように努めてまいります。

返信コメントを残す