ご来院の際はご予約下さい TEL:054-637-2345

ひと昔前の歯科治療では、根の部分にヒビが入り割れかけていたり穴が空いてしまった歯の場合は、抜歯するケースがほとんどでした。
欠損部をインプラントにした場合、1歯部分¥40万以上の治療費がかかります。
「あるふぁ歯科」では、2016年頃からバイオセラミック材料を用いた歯根破折の治療パーフォレーション(穴があいてしまった根)の修復保存を行い経過を追って来ました。
最初は試行錯誤でしたが、治療体制が整いつつあるのでこれから積極的に行なっていこうと思います。
基本的に使用する歯科材料は、水酸化カルシウムMTAスーパーボンドとなります。
破折状況や穴の空いた位置により使い分け或いは併用して治療を行ないます。
スーパーボンドは、4-META/TBB MMAレジンと呼ばれる医療用の接着剤で生態親和性が非常に高いのが特徴です。
MTAセメントは、組織刺激により穿孔部に新たにセメント質を形成し封鎖する目的で使用します。
当歯科医院では1歯あたり
破折歯の修復:¥30000
歯根の穴の封鎖:¥10000
で行ないます。
尚、完全に割れてしまった歯に関しては治療後の予測が難しい為、原則的に抜歯適応とさせていただきます。
また、万が一治療後に抜歯適応に移行した場合、隣在歯が修復処置の既往がなく健全な歯であればインプラント治療を第一選択肢としてお勧めし、隣在歯が修復されていた場合は保険外材料を用いたブリッジ修復を優先治療とします。
その際には抜歯した歯の治療代分を割引きさせていただきます。

返信コメントを残す