ご来院の際はご予約下さい TEL:054-637-2345

日本の歯科保険治療最も効率が悪く採算が合わないものが"根管治療"でしょう。(あくまでも真面目にやった場合です。)
少し前までは、同じ診療所内で同じ歯科医師が行うのに保険の根管治療と自由診療の根管治療があることに同じ歯科医師としてもの凄く“違和感"を感じていました。
しかし長い間続いてきた歯科保険診療の改定内容を考えると、もうこの国自体が歯科医療を見捨てているようにも思えます。
以前もお話ししたように、患者さんに判り安いようにラバーダム防湿やマイクロスコープを保険治療と差別化して行い自由診療に誘導する歯科医師が増えているようですが、実は本当の“武器”になるのはMTAセメントなのです。
MTAセメントは高いPH(強アルカリ)になる為に、目に見えない複雑な根管の中のバイ菌を死滅させる効果が期待できます。
また、象牙質は非常に細い管状構造をしている為に本来根管の封鎖は難しいのですが、MTAセメントの粒子は更に小さいので中に入り込み素早く硬化して硬組織を形成し高い封鎖性を保ちます。
この事は、ラバーダムの説明でお話ししたマイクロリーケージを防ぐためにも根管治療の中で大切な課題なのです。
したがって、適切な根管洗浄の後にMTAセメント根管を封鎖することが現在では最も理想的な治療法と言えます。
付け加えて、今日の保険材料の中でこんなに有効な根管材料はありません
そして残念ながら日本の保険診療ではMTAセメントによる根管治療は認可されていません。
私が個人的にずっと前から望んでいるのが、このMTAセメントの保険治療導入なのです。何故ならMTAセメントを使用して根管治療を行なった場合は、必然的にそのあとの被せ物まで自由診療扱いになってしまうからです。
MTAセメントによる根管治療は、ご相談ください。
当歯科医院では1根管¥10000にて行います。
前歯、小臼歯:¥10000〜¥20000
大臼歯(奥歯):¥30000〜¥40000

返信コメントを残す