ご来院の際はご予約下さい TEL:054-637-2345

むし歯治療

MTAセメントは近年の歯科治療に革新をもたらした歯科材料のひとつです。
順を追って使い方を説明していきます。
まずひとつは深いむし歯を治療する際に使用するパターン。
今まで多くの歯科医師が出来るだけ神経を取らないで深いむし歯を治す方法はないだろうか?…と色々模索して来ました。
過去の治療法で有名な物は、
3-mixあるいは3-mixMP法
ドックベストセメント
だと思います。(もう時代遅れですね。)
3mixは、基本的には数種類の抗生剤を混ぜた物をむし歯の上に敷き、その抗菌作用によってむし歯菌を死滅させそれ以上進まなくしてしまおうという物。
ドックベストセメントは、セメントの持つ"銅イオン”により抗菌効果を狙った物です。
両者とも日本国内での保険治療に於いて認可が降りていないので自由診療扱いになり、その上に詰めたり被せたりする治療も自費になります。
「良い物であれば使った方が良い!」のですが、さすがに長い間の経過を追うと期待していたほどの効果は無く、「患者さんに高いお金を払ってまで使用する物ではないなぁ。」というのが正直な感想です。
誤った捉え方になるかもしれませんが、ちょっとでも自由診療を増やして、患者さんから治療費を多く貰いたい歯科医師にはウケが良かったと思います。
効果については全否定はしません。
何故なら、「あるふぁ歯科」では別の使い方で3mixは今でも使用しているからです。
ドックベストに関しては、それなら昔から国内にあったカッパーシールセメントで充分だったはずなのでわざわざ自費診療にする意味は無いと判断しています。
MTAセメントはこれらと全く作用機序が異なりますが、患者さんにとっては多少高価な治療となっても非常に有益であると判断しています。
現在では様々な改良品が開発され、今後ますます楽しみな歯科材料となっています。
MTAセメントは硬化の初期段階に於いて強アルカリ(ph12)を示す為、殺菌作用があります。(ほとんどの細菌はph9.5で破壊されると言われております)
基本的にむし歯治療ではこれ以上むし歯が進まないように汚染された層を全て取り除くのが原則とされておりますが、僅かな取り残しがあったとしても殺菌効果が働く可能性があるのです。
更に組織を刺激することによる硬組織形成作用があり、神経自体が内側から象牙質の層を修復して壁を作っていく効果も持ち合わせているのです。
そして更に、万が一治療中に神経が露出してしまった場合でも神経を残せる可能性があるのです。
生体親和性が良く拒絶反応が非常に少ないので神経に直接触れるように使用しても神経が生き続けるだけでなく、血管および象牙質を再生させる機能を持つことが解ってきたからです。
(但し、神経が感染していたり炎症がある場合には難しいです。)
最近では日本で認可の降りた保険診療で使えるMTA系のセメントも出て来ましたが、臨床的な成績がまだ確立されていない為に効果に不安が残ります。
当歯科医院では¥7000の料金で行います。